S-WORKS 7 インプレ  快適なのにしっかりホールド

f:id:r-sakima77:20180623174311j:plain

S-Works 7

 

シューズを新調した。

2ヵ月ほど使用したので、現時点でのインプレを書いてみる。

 

 

軽い

まずは重量(サイズは42.5)。

f:id:r-sakima77:20180623174342j:plain

f:id:r-sakima77:20180623174346j:plain

左右とも230グラム台、とても軽量だ。

これまで使用していたSIDIのSHOTは、同じ42.5で312グラムだった。

なんと、80グラム近く差がある。パーセンテージにすると、S-worksはSHOTの75パーセント。

体感としてもかなり軽くなっているのを感じる。

違いを把握するために、ローラーに乗りながら交互に何度も履き比べていると、S-worksは、裸足でペダルを踏んでいるような感覚になるほど。

 

アッパーがいい感じ

アッパーはスペースシャトルのブレーキ用のパラシュートに使われる「Dyneema」が使われている。前のモデルでも同じ素材を使っていたようだが、今回のモデルは「Dyneema メッシュ」 という素材になっていて、横方向に伸びて縦方向には伸びにくいらしい。

これが思いのほかフィットする。

快適な履き心地なのに、しっかりとホールドしている。

履いていて、圧迫感も少なく、靴のなかに少し余裕があるような状態でありながら、力任せにペダリングしても靴のなかで足が動く感じがしない。

 

踵の固定力がちょうどよい

前作では踵がかなり固かったため、購入を断念した経緯がある。

今回のモデルはだいぶ柔らかくなったというか、固定はしっかりしているけど、無理に踵を固定しようとしていない印象を受けた。

 

BOAダイヤルがよい

BOA社と共同開発したという「カスタムS3 BOAダイヤル」。スペシャライズドでしか採用しないようだ。

CNCアロイを使用し、デザインが美しいのはもちろんだが、とても調整がしやすくなっている。

調整するときに、小さく「カチッ」と音がなり、締めたり、緩めたりする感触を感じるが、抵抗感が少なく、とてもスムーズだ。

指でつまむ部分の表面に小さなギザギザがあるため、指が滑ることもない。

 

インソールは物足りなかった

このシューズで唯一、不満が残ったのはインソール。

スペシャライズドのサイトでは、「縦足弓アーチサポートで、ペダリング中に土踏まずのアーチがつぶれるのを防ぎ、全てのワットを無駄なくペダルに伝える」と書いてあったが、個人的にはアーチのサポートが弱い印象を受けた。

この点については、「Superfeet」のインソールを入れることで解消したのだが、そのインプレはまた別の記事で書こうと思う。

 

まとめ

履き心地がいいのに、しっかり足をホールドしてくれる。

相反する機能を絶妙なところで両立させているシューズだと思う。

フィット感には個人差がでてくるが、足型が合うなら是非おススメしたいシューズだ。 

 

 

Superfeet - CARBON インソール